コンビニで売れているのが

投稿日:

 コンビニで売れているのがおにぎりであったりおでんであったりして、ハンバーガーであったりドーナツであったりしないところになんとはない快哉と言うか、ざまあみやがれというような日本人的民族的排他主義的な喜びを感じるのである。コンビニそのもの自体にも、だ。

 いや、一部、フライドチキン(まが)いも、売れてはいるけれどもさゴニョゴニョ。

 多分、斜陽の日本的味覚というか、消えゆく寸前のなにかがここに、というか……。もうダメだ、と幽鬼幽魂のように消えかかりながらも。日の丸のように消えかかりながらも、である。

投稿日:

 空の雲がモラモラモラッと縞模様に高い。これは秋の雲だ。

 蝉の声も日暮れになると死生観など浮かべ、寂寥をはらむ。

 このクソ暑いのに秋などとは、……そんな言葉を浮かべて冷笑するのは、無粋というものだ。

何について言っていないか

投稿日:

 ネットでは、ある人が「何について言ったり書いたりしているか」よりも、「何について全く触れたり言ったり書いたりしないか」によって、むしろ逆にその人が何について詳しいかを露呈しているような気がする。

 というのは、この私自身に照らしてそう思うからである。

 だってさ、仕事のことなんて書けないでしょうが普通。クビになっちまうもんな。

 だから逆に、SNSあたりで面白い人物を見かけたら、その人について何かをわかりたいのなら、

「何について言っているかより、何について言っていないか」

 すなわちこれだ。

一杯

投稿日:

 大阪・小倉屋山本の塩昆布が到来とあらば純米大吟醸の一升も用意して、それかあるいは、笹錦の炊き立てと宇治の煎茶の茶漬の用意でもして取り掛からなければならないのだろうが、あいにくと家にあるのは900円足らずのホワイトホースくらいのもである。

 だが、そんな貧しい酒が、なにゆえかくも旨いのであろうか。いとおしく5分ほども頬の裏側に舐めていてもうすれないこの塩昆布の滋味は。

テレビ

投稿日:

 昨日夕刻NHK放映のドラマ「戦争めし」、録画しておいて見た。

 面白かった。随所で思わずじぃんと涙ぐんでしまった。

天の川

投稿日:

草取り

投稿日:

Before

 朝からほとんど肌脱ぎ同然となって庭の草取りに精を出す。無精で、何か月も放っておいたものだからさながら密林(ジャングル)だ。

After

 綺麗サッパリ。

読書

投稿日:
ジェラルド・M・ワインバーグ博士死去

 私なども若い頃、この「ライト、ついてますか―問題発見の人間学」を耽読したもので、今も名作として読み継がれているという。

 思うに、今から100年後もこの本は残るだろう。

 祈冥福。

巷の美食家

 辻嘉一の「料理心得帳」と入れ替えに、開高健「巷の美食家」を借りて読む。

言葉
生え下がり
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/174616/meaning/m0u/

出典:デジタル大辞泉(小学館)

こめかみの下の部分に生え下がった毛。また、もみあげ。

extravaganza(エクストラヴァガンツァ)
https://ejje.weblio.jp/content/extravaganza

研究社 新英和中辞典での「extravaganza」の意味
extravaganza
音節ex・tra・va・gan・za 発音記号・読み方/ɪkstr`ævəgˈænzə, eks‐/
名詞可算名詞
1エクストラバガンザ 《19 世紀米国で流行した奇抜なコミックオペラの類》.
2奇抜なもの; 豪華なショー.
[イタリア語 ‘extravagance’ の意]